AQUOS PAD SH-08E(その2)

タブレットAQUOS PAD SH-08Eを愛用していて、
山でも実験的にもっていったりしています。

7インチタブレットの良さは、バッテリーの容量とサイズのバランスがいい事。

通常のスマホが2600mAh位のバッテリーなのに比べ

このクラスは4000mAhを超える容量のバッテリーを搭載して長時間使用が可能です。
これより大きいタブレットですと更にバッテリー容量は倍ですが、10インチと大きく
重量も倍近くあります(SH-08Eは288g)
更に加えると、通話機能があるタブレットであることもこの機種の特徴です。
もちろん防水仕様です(お風呂で実験済み^^)

c0193259_22484292.jpg

アプリは山旅ロガーと地図ロイドの組み合わせ。
詳しい紹介は割愛しますが、
事前にSDカードなどに地図データー(国土地理院等)のキャッシュを取得しておけば、
データー通信を切ってもスタンドアロンGPSとして使用可能で、専用機並に使い勝手はいいです。

カタログスペックではわからない部分として実使用でのバッテリーの持ちはどうなのか。
それを確認してみました。

設定条件としては、通信はすべてオフ、GPSのみ有効にします。
そして24時間連続測位してバッテリーの消耗具合を見てみました。

マナーモードとしディスプレイは付けないようにします。
計測精度は15m(ログをとる間隔)。

今回は、市街地で生活しながらのデータ取りなので、
山での使用と若干誤差はあると思います。


結果は以下の通りです。
(経過時間)→(バッテリー残量)
0時間→100%
12時間後→80%
24時間後→68%
48時間後→36%
72時間後→10%

 

このデーターは常時補測しながらの数値ですが、3日以上の連続測位ができました。

実際には、休憩時や夜間など行動していない時間帯の計測は無駄なので

オフにして使用するでしょうから、もっと伸びるものと思われます。
一日の行程時間を10時間程度と想定しても余裕をもって使える感じです。
あと電池の消耗具合に影響を及ぼすアプリなどのカスタマイズも効果あるかも
しれません。

逆に、悪条件が重なった場合は短くなる可能性があります。

(低気温、雨天や深い樹林帯などGPSがロストしやすい場所など

行動中の現在位置確認は地図ロイドで可能ですが、
当然ながらディスプレイの表示時間はできるだけ短いほうがベターです。

これらを考慮しても短期の山行には十分に有効なツールとなるでしょう。
(でも、地図・コンパスも忘れずに)


[PR]
by hiro9332 | 2014-05-09 22:50 | アイテム | Comments(0)

レオンの小さな小さな呟きブログ。何か此処で声高らかに叫ぼうとは思いませんが、時に愚痴っぽくなったらごめんなさい。趣味に偏った内容ですのでご注意ください


by レオン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31