レオンの小さな小さな呟きブログ。何か此処で声高らかに叫んだり、リア充自慢をしたいとは思いません。ひっそり静かに生きよう。自身内観


by レオン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

東京へ出かけました。

久方ぶりに東京へ出かけました。
夕食は麻布十番のDALIAN。
餃子はなかなか(^^)
それにしてもこの界隈は良い街です。
お泊りは六本木でした

c0193259_22460707.jpg

c0193259_22382280.jpg

こちらもご無沙汰 秋葉原。
最近はゲームやアニメ系の店が多いが、
ラジオ街としての面影も健在。
ハンダコテで工作がしたくなります。
目的は電子部品調達です。
c0193259_22382480.jpg
出来たら名古屋を脱出し
東京か大阪に転勤したいなぁ〜

[PR]
# by hiro9332 | 2018-09-24 22:23 | 名古屋日記 | Comments(0)

唐松岳

8月26日~27日

後立山連峰は登る機会の少ない山域です。
今回は唐松~鹿島槍の縦走を企画し縦走を試みましたが、この不安定な天気には勝てず
唐松ピストンという残念な結果になりました。
次回はぜひ完登してみたいです。

1日目は八方池山荘まで。
名古屋を朝一番の特急に乗り信州へ
白馬駅から八方駅まではバスもありますが、30分程度という事で徒歩で向かいます。
八方からはゴンドラとリフトを使い山荘へ

c0193259_06483505.jpg
2日目の天気予報は曇りのち雨
何とか午前中は持つかなと淡い期待をしつつ早朝から出発準備。
4時前に出発しました。

ヘッデン頼りの登りです。
日の出時間は5時10分
そろそろ明けてくるかな
c0193259_22151314.jpg
c0193259_22161824.jpg

扇雪渓で一休み
c0193259_22152363.jpg

途中から登山道は濃いガスの中
こんな時に登るのは面白くないだろうとよく言われます。
ところがこんな時にしか出会えないものもあるのです。
それがこの「雷鳥」たちです。
誰も通らない夜明け時、たくさんの雷鳥たちが目の前でポーズをとってくれました。

c0193259_22215053.jpg
c0193259_22223408.jpg
c0193259_22222990.jpg
c0193259_22213255.jpg
山頂到着は6時40分でした。
天気は荒れていて強風と雨のお出迎え
汗ばんだ体は急速に体温を奪われ寒くて凍えそうです。
当然、こんな時のために防寒具等は装備してますので
直ちに防寒具と雨具を装着します
夏山といえども低体温症になることもあるので
十分注意してください。

c0193259_22224673.jpg

行きでは立ち寄らなかった八方池
寄り道してしばし休憩
雲は多いが天気は回復
c0193259_22232168.jpg
山荘へ戻ったのは8時半まえでした
お疲れさまでした
c0193259_22144627.jpg
行程
1日目
白馬駅~八方駅~(ゴンドラ&リフト)~八方池山荘

2日目
八方池山荘3:52~八方池分岐4:40~扇雪渓5:16~唐松岳山頂6:41~八方池8:00~八方池山荘8:27
~アルペンクワット乗り場8:54~(リフト)~兎平駅(ゴンドラ)~アダム乗り場9:24~八方駅BT9:37~(温泉入浴)~JR白馬駅11:20

[PR]
# by hiro9332 | 2018-08-29 22:37 | 山登り | Comments(0)

天竜浜名湖鉄道

7/27
天竜浜名湖鉄道の天浜線・天竜二俣駅へ行ってきました。
鉄道目的だけじゃなく街ブラも楽しいのでお勧めです。

この駅では転車台の実演や鉄道資料の見学ができるツアーを200円で毎日行っています。
なかなか見る機会がない物なので楽しむことができました。

【アクセス】
往路は名古屋~豊橋(往復切符がお得です・新幹線プランをプラス)
豊橋~浜松(東海道線)
浜松~西鹿島(遠州鉄道線)
西鹿島~(天浜線)~二俣本町駅~(徒歩)~天竜二俣駅

復路は天竜二俣~(天浜線)~新所原~(JR)~豊橋~名古屋

c0193259_09442752.jpg


この駅のプラットホームや機関区施設は国の登録有形文化財に指定されているそうで
駅構内全体がノスタルジックな雰囲気が漂っています。
そもそも、この天竜二俣界隈の街自体とっても昭和チックな街並みです。
街に合った駅舎が、故郷・飛騨高山の駅のアンバランスさとは大違い
c0193259_09570351.jpg

趣のあるプラットホームです。
映画やドラマのロケにも使われたそうです。
c0193259_09574450.jpg
駅構内には古い列車が留置されている
c0193259_09535111.jpg
c0193259_09532484.jpg

駅正面の公園に展示されているC58
かつて二俣線を走っていたものとのこと

c0193259_10003513.jpg

見学ツアーは平日1回・休日2回
この日は13:50スタートで約40分
(時間は要確認)
二俣機関区の給水塔
昔、高山駅にも扇形機関庫や転車台とともにありましたなぁ~
c0193259_10203764.jpg
展示場にはかつての鉄道関連アイテムがいっぱい
c0193259_09590840.jpg
c0193259_10001578.jpg

転車台の実演





帰りは浜名湖の景色を眺めながら天浜線を堪能

東海道線・新所原まで1時間40分
c0193259_10390227.jpg

[PR]
# by hiro9332 | 2018-07-28 10:31 | 名古屋日記 | Comments(0)

御在所~鎌ヶ岳

折角の快晴な一日。
近場で登れる御在所へ行ってきました。
ルートは
湯の山温泉~中道~武平峠~鎌ヶ岳~長石尾根~三ツ谷~湯の山温泉
です。
ごく一般的なルートですがダイエット登山としては手頃な感じです。

c0193259_17385121.jpg

c0193259_17390000.jpg
山頂はかなりの人だかり

c0193259_17391126.jpg

鎌ヶ岳山頂
c0193259_17392340.jpg
三ツ谷への分岐
c0193259_17394974.jpg
途中で少し水浴び
登山者も全く来ないので悠々と遊ぶ
山頂にいた登山者たちは何処へ行ったのでしょうか?
c0193259_17402967.jpg
帰りは近鉄特急で
思いもよらずハイデッカー車でした
c0193259_17403512.jpg
近鉄湯の山温泉~(バス)~三交湯の山温泉 9:02~登山口9:28~御在所山頂10:59~武平峠11:35~鎌ヶ岳12:15~登山口13:51~三交湯の山14:14


[PR]
# by hiro9332 | 2018-05-27 20:50 | 山登り | Comments(0)

霊仙山

本日は滋賀県の山「霊仙山」へ登ってきました。
以前はJR醒ヶ井駅から路線バスが出ていたようですが、現在は廃止になってしまいました。
その代わりに予約制の乗合タクシーが走るようで、500円とのことです。
今日は仕方ないので徒歩にて登山口へ
現在、谷山ルートは砂防工事のために通行止めです。
今回は樽ヶ畑ルートを登ります。

ルート案内はこちら
c0193259_17105811.jpg

林道をひたすら歩き終点に着くと登山口
駐車スペースもありますが花のシーズンは込み合いそう
c0193259_17111147.jpg

樽ヶ畑というのは廃村とのことで
その痕跡を見ることができます。
思った以上に人家があったのかな?
c0193259_17293060.jpg

そんな中にある山小屋かなや
この時は営業していませんでしたが、シーズンには結構賑わうらしい
ちなみにキャンプ場もありました。
c0193259_17112747.jpg
c0193259_17113994.jpg

稜線に出ると気温は高いものの琵琶湖方面から吹く風がとても清々しく快適
広々とした山容が美しいです
c0193259_17120971.jpg
c0193259_17125819.jpg

お虎ヶ池
c0193259_17124335.jpg

山頂からは琵琶湖が一望
吹く風も気持ちよく、ちょっと昼寝していきたい気分でしたが、
お昼だけ済ませると下山です
c0193259_17131667.jpg
c0193259_17132813.jpg

この山には立派な避難小屋がありました。
滅多使う機会がありませんが、一度は泊まってみたいです
c0193259_17134617.jpg
c0193259_17135366.jpg
c0193259_17135951.jpg

4合目の避難小屋は本当に非常用といった感じ
雨もしのげるのでしょうか
c0193259_17142278.jpg

下山中は向かい側にある伊吹山が垣間見える
c0193259_17143301.jpg

柏原登山口
c0193259_17144087.jpg


東海道線 醒ヶ井駅 8:42着 
8:50発 ~(一般道歩き)~ 県営養鱒場 9:30 ~(林道歩き)~ 樽ヶ畑登山口10:21
~ 山小屋かなや(廃村跡) 10:29 ~ 汗拭き峠 ~ 見晴台 11:03 ~  
お虎ヶ池 11:30 ~ 山頂 11:56 ~ 避難小屋(柏原登山道) 12:31 ~ 
4合目避難小屋 13:28 ~ 登山口14:37 ~(一般道歩き)~ 柏原駅 14:45

[PR]
# by hiro9332 | 2018-05-25 17:41 | 山登り | Comments(0)

福地山

今年のGWはほとんど休めなかったので、
遅めではありますが5月14日から3日間、
実家へ帰ってきました。

帰ったからにはせっかくなので山に登りたいとは思ったものの
道具を一式名古屋から持っていくのも億劫なものです。
なるべくはサクッと登れる山はないかと考え
以前に登ったことのある福地山を思い出しました。
この山は北アルプスの展望も素晴らしくなかなか良い山です。
c0193259_21095034.jpg
登山口は福地温泉バス停の真ん前です。
この日の天気は快晴。
今の季節、新緑がまぶしい
c0193259_21100397.jpg
所々、尾根ルートと谷ルートの分岐があります。
ここは迷わず尾根ルートでしょう
c0193259_21102517.jpg
山頂からの展望は素晴らしい
6月には「あちら側」に登りたいと考えてます
c0193259_21121862.jpg
c0193259_21104806.jpg
【コースタイム】
登山口962m 8:16~山頂1671m 9:50~10:58

c0193259_21125053.jpg

[PR]
# by hiro9332 | 2018-05-16 21:22 | 山登り | Comments(0)

西尾に来ています

今日は愛知県西尾市に来ています。
西尾と言えばお茶が名産とのこと
あとは一応、三河の小京都と言われてるらしい

でも、実際に街を周ってみると建物の保存状態が悪く
エリアも狭い
高山出身の身としてはやや不満足。
愛知には夫婦で観て周れる観光地がホント少ないなぁ。
(常滑や足助の街は良かったですけど)

嫁は京都市出身で、私は飛騨高山出身
街の保存に官民共々努力している地域出身だけに
町並みの保存というのはいかに難しいのかは理解しています。
もともと両市とも空襲を逃れ、多くの文化財がそのままの姿で
現存しています。
それを思うといかに恵まれたところで育ったかですね


c0193259_15515522.jpg

c0193259_15515704.jpg



[PR]
# by hiro9332 | 2018-04-13 15:51 | 名古屋日記 | Comments(0)

定光寺~内津峠まで

比較的近くて良い足慣らしの場所となっているこのルート。
一応、ピークありコルありの縦走テイストが味わえます。
歩荷トレーニングがてら歩いてきました。
先日登った猿投山よりは全然楽しい山です!
途中には難易度は高くないものの「ロックガーデン」という
クライミングポイントがあります。
この定光寺の駅、駅自体が秘境駅っぽくて大好きなんですが、
プラス有名な廃墟「千歳楼」も拝むことができます。
とにかく都市近郊にありながら山奥モード全開です。

山の南側には高蔵寺ニュータウンが広がっていて
そのおかげで各ニュータウンから高蔵寺駅までのバス路線・本数が比較的多く
アクセスは良好です。

遠景(志段味地区より)
c0193259_22111436.jpg

登山道は
東海自然歩道の一部としてしっかり整備されている
定光寺から道樹山までは歩く人もほとんどいなくて
飛騨の山を歩いているみたいな気分になる
c0193259_22111896.jpg
好天の日の弥勒山頂は人がワンサカ
みんなが展望台や見晴らしのいい場所でくつろいでいる。
一転、山頂を過ぎて内津峠までは全く人の気配がなかった。
道中気ままな一人旅
c0193259_22112216.jpg
内津神社からは名鉄バスの高蔵寺行きが出ている。
料金は480円
本数が限られるので要注意ですが便利です。
そういえば前に同じルートを歩いた時は高蔵寺の駅まで歩いたのだった。
(距離9.4km 時間は1時間半)
さすがに今回は与力がなかったので楽をしました。

ところで
自分の山行記録としてのGPSは無くてはならないものです。
最近の計測はすべてiPhone+Geographica(有料版)使用です。
登山中はフライトモード設定にしています。
バッテリー持ちは今までの機種より良好で、前回の八ヶ岳では
2日間十分に持ってくれました
(計測だけなら60%以上の残量がある)
また低温時のバッテリー性能低下が起こりにくいと感じた。

c0193259_22411764.jpg
スタートがJR定光寺駅 標高66m 8:07 ~
第一ピーク標高394.5m 9:26~
檜峠 231m スタートから4.4k 9:44~ 
道樹山423m スタートから5.7km 10:12~
大谷山 430m スタートから6.3km 10:24~
弥勒山436m スタートから7km 10:50~
内津峠 249m スタートから9.1km~
内津神社バス停 スタートから10.3km 11:40

c0193259_22412189.jpg

[PR]
# by hiro9332 | 2018-03-27 23:02 | 山登り | Comments(0)

猿投山

猿投山は豊田市にある山で、標高は629mの低山です。

愛知県の山はあまり知らないのですが、

この山はハイキングコースとして結構メジャーとのことで

ちょっと遊びに行ってきました。

c0193259_19110049.jpg
登山道はしっかり整備されていて歩きやすい。

天気が良いこの日もハイカーが沢山。

ジーパンで登れる初心者向けの山でした。

不満点としては不要に車が入れる点。

このレベルの山でなぜあそこまで車で登らなければいけないのか?

1mでも近くまで楽して寄せたいのは分かるが

規制をかけるべきだろう。

c0193259_19202808.jpg


下りの七滝は見所があった

人もいなくて寛げる遊歩道でした。

c0193259_19271781.jpg




アクセス

名古屋市内~(地下鉄鶴舞線・名鉄直通)~赤池~(名鉄豊田線)~上豊田

上豊田~(おいでんバス・藤岡・豊田線(加納経由))~猿投神社前


猿投神社前912~山麓園地(WC920~御門杉933~登山道入口9:34

~東の宮入口鳥居03~東の宮10:18~猿投山山頂1029~堰堤広場(休憩)10:53

~出合い11:06~七滝遊歩道入口11:18~猿投山の球状花崗岩1123~広沢天神社12:03


広沢天神社~舞木伊保路12:50~(おいでんバス)~上豊田~(名鉄豊田線・地下鉄鶴舞線直通)~赤池~名古屋市内


歩行距離13.3㎞ 最低高度88m 最高高度633m 山行時間2時間51分(登山口~登山口)、全行程3時間37分(登山口~バス停まで)


[PR]
# by hiro9332 | 2018-03-18 19:43 | 山登り | Comments(0)

退会

今年度をもって山岳会を退会することとなりました。
思えば、山の基礎をいろいろ教わりとても有意義な時を過ごせました。
ただ感謝の言葉しかありません。

ただ・・・
名古屋と高山
物理的な距離以上に
山に対するモチーベーション、
気持ちの距離を感じていましたが、
皆の活躍を見るにつけ、焦りを感じていたこの数年。
退会しようという意思を持ったのは
ある出来事。
(はっきりとは言いませんが、いろいろと思う所はあります)
信頼が薄れてしまったのは事実です

先日、山仲間と呑んだ時にかつて行ったルートを
皆でまた行こうという話になりました。
紆余曲折ありましたが、
初心に帰り、今度はようやく
自分サイズの山を見つける事ができるかもしれません。

c0193259_09524482.jpg

[PR]
# by hiro9332 | 2018-03-16 21:00 | 山登り | Comments(0)

山友

山友達と久しぶりに会うため大阪へ
ある一時期、何かに憑りつかれたようにひたすら山登りに没頭していた。
その時期に多くの友人と出会い、山での時間を共有したものでした。
それから時が流れ、
私自身は結婚~名古屋へ転居、新しい生活環境に対応するのに一生懸命。
山から足も遠のいた。
皆も各々な山を探求はじめてます。

時々、こうして会うと瞬時に昔に戻れる
山の友っていいなぁ

この日は蟹の御馳走と海の幸で一杯
c0193259_08482282.jpg
c0193259_08482623.jpg


[PR]
# by hiro9332 | 2018-03-15 14:47 | 名古屋日記 | Comments(0)

八ヶ岳(赤岳)

この週末は天気も良さそうなので八ヶ岳(赤岳)へ
久しぶりに山登りを堪能してきました。
やっぱり好天だと人も多い
普通の週末と思いきや美農戸口行きバスも
超満員でした。

季節はもう春。
何処までも透き通った真っ青な空。
気温も高く、日差しが強い

南沢から行者小屋へ
c0193259_16571513.jpg

久しぶりの雪山でペースが上がらず
高齢者らしき団体に阻まれ中々のコースタイム
でも昔ほどは焦って登らないのでこれでよし
少し意識が変わったような気がします。
とにかくこの風景を楽しみたい

地蔵尾根から稜線へ
稜線直下は雪も少なく登りやすかったです。
c0193259_07065649.jpg
c0193259_07054579.jpg
天気は良いが稜線は風が強く
多少体が持っていかれる
風速20m以上はあったと思われる
それでも八ヶ岳からしたら「そよ風」
c0193259_07055946.jpg

c0193259_22002502.jpg
c0193259_22005929.jpg
下りは文三郎からの下山でした
少し遠ざかり気味の雪山
余りの楽しさにまた復活したくなってきました。
あとは体力回復でしょうか

[PR]
# by hiro9332 | 2018-03-05 07:13 | 山登り | Comments(0)

新喜劇

一度観てみたかったNGKでの吉本新喜劇
ようやく行くことができました。

嫁は京都出身の割にあまり吉本好きじゃないので
賛同を得られず機会を逸してました。
仕方なく今回は単独で行くことに。
元々、昔から東海地方は新喜劇のTV放映があり親しみがあります。
現在でも土曜日に放送しており観る機会も多いです。

ケチケチ旅の強力な助っ人「金券ショップ」で近鉄の切符を買う。
ところが、何だか名阪特急(アーバン)の金額が上がってる?
指定で3,600円(定価4,260円)、DXで3,900円(定価4,770円)
昨年出張で行ったときは指定3,300円だったような・・・
(何でもまる得切符が昨年で販売終了とか)
で、今回はのんびり行こうと考え株主優待券で行く事に。
近鉄名古屋~大阪難波 2,390円が1,900円、これで急行乗り継ぎで向かう。
乗り継ぎと言っても、伊勢中川行き急行はそのまま上本町行きに変わるので
降りる必要はありません。
難点と言えばロングシートな事か

c0193259_10025745.jpg
難波グランド花月で漫才と新喜劇鑑賞
目茶目茶面白く大笑いさせていただきました。
名古屋にいると面白いことが日々少なく
ストレスを抱えることが多い。
良い発散の機会となりました。
この回の新喜劇は2月中に放送予定だそうです。

c0193259_10030657.jpg
c0193259_10031159.jpg
夜は串揚げとビールで満喫
3月にはまた大阪来る予定なので
いい場所をリサーチしておこう
c0193259_10032532.jpg

[PR]
# by hiro9332 | 2018-02-11 10:16 | 名古屋日記 | Comments(0)

喫茶tayu-tau

津を訪れた時にぜひ寄りたいお店「tayu-tau」

何というか空間が心地よい
古民家をリノベーションしたお店で
昭和チックな外観と統一感のある店内、
とても拘りを感じます。
雰囲気もガヤガヤ騒がしくなく静かに会話を楽しむにはいい場所。
街の静けさとマッチしてます。

雰囲気を壊さないために配慮もされていて、
一定数のお客しか受け入れないようです。
人数によっての椅子の移動も不可です。
(所定の座席に所定に人数が座るという事です)
私は好感が持てます
c0193259_06460613.jpg
c0193259_06461382.jpg

この日は絶品ランチ(和風ソースのハンバーグ)を頂きました。
要予約ではありませんが、予約なしの場合、相当時間待たなければいけないか
予約状況によっては断られる場合もあるかもしれませんので
予約はしましょう

c0193259_06455759.jpg
デザートは季節限定「巨峰のグラニテ」
巨峰に赤ワイン+下層にはヨーグルトアイスで
フルーティーかつさっぱり爽やかなお味
c0193259_06462012.jpg
場所はJR紀勢本線「一身田駅」(津の隣駅)すぐ横ですが、
本数は少なくて1時間に1本程度です。
近くには高田本山専修寺という立派な寺院がありますので
観光もどうぞ
c0193259_06463113.jpg

[PR]
# by hiro9332 | 2017-10-07 06:58 | 名古屋日記 | Comments(0)

スマホ更新

シャープのAQUOSPAD SH-05Gを使って2年。
この度はスマホ更新です。

SH-05Gは最近特にモッサリ感が強く
タッチパネルの反応も悪くなってきてました。
当初から反応が良い方ではありませんでしたが、
原因は不明ですが、アップデートを繰り返すごとに
悪くなってる印象です。

こんなスマホ時代というのに、
お店を覘いてみても選択肢の少ない事少ない事。
ピンとくるものとは出会えず
悩んだ挙句、通話できる7インチも魅力ですが、
今度はiPhone8 plus(5.5インチ)となりました。
ここ2日ほど一通り使ってみましたが、
噂通り動作はサクサクで快適。操作性も上々でした。

実のところわたくしにとってスマホの重要性って全く高くなく、
山でのログ取りや地図確認、あとは調べ事ぐらいがメイン。
歩きスマホも無縁な放置っぷりです。
その代わり、使うときは命を預けられるほどに真剣に使えるものが欲しい。
しかし実際は、2年で20万円強、5年で50万円強も使いながら満足いく物がないのが実情。
2年ごとにMacbookが買えるんだと思うと、ほんともったいない家電の筆頭だ。
取りあえずしばらくこれで凌いでいこう。

c0193259_20053153.jpg

[PR]
# by hiro9332 | 2017-09-24 20:26 | アイテム | Comments(0)

テオ・ヤンセン展

三重県美術館で開催されていた「テオ・ヤンセン展」
この3連休が最終日ということで、台風一過の快晴の中
出かけてみました。

c0193259_20120506.jpg
今日は、最終日ということで家族連れで大賑わい

構造はシンプルだけども計算されつくした造形美
まるで生き物のように滑らかに動く人口生命体

c0193259_20125447.jpg

こんな物体を眺めていると
自分の中にある工作熱が沸々と湧いてくるのです。
たまには何か工作したい
c0193259_20124112.jpg



[PR]
# by hiro9332 | 2017-09-18 20:20 | 名古屋日記 | Comments(0)

雲の平と高天原

かねてより行ってみたかった高天原。

なかなか行く機会を作れずにいました。

時間的な制約や天候の状況、晴れが続かない最近の

気象条件を考慮し、ここを重点に計画をたて

比較的緩やかな行程としました。

お陰で普段の生活(仕事)のストレス発散出来た山行となりました。


自身、山に向き合う姿勢も以前とは異なり本当に慎重になった。

(未熟に気付いていない)自分の無謀な行動は周りに大きな

迷惑を掛けますし、何より自分自身の人生にも大きな影響を与えます。

人生にはリスクは付き物ですし時に冒険も必要かと思いますが、

極力、避けられるリスクは避けたいと思うようになりました。

山屋としては失格なのかもしれません。




【前日~1日目】

今回、名古屋から富山まで高速深夜バスを利用しました。

多少の手狭感は有りますが、3列シートなのでなんとか寝られました。


c0193259_23500352.jpg

今回のスタート地点である折立までは、

この時期でも路線バスの本数が少なく

非常にアクセスが悪い。

当然、富山駅からの直通バスも予約で一杯です。

飛騨の人なら車で飛越新道と言うルートもありでしょうか。

(有料道路の通行料が要らないので)


c0193259_23503688.jpg


折立を出発するも足が重い

ブランクと年齢をもろに感じる瞬間です。


c0193259_23511455.jpg

c0193259_23514506.jpg

天候は曇り時々晴れ

とりあえず初日は薬師峠のキャンプ場までなので

無理しないペースで登ることとしました。

この景観に心癒されます。


c0193259_23515816.jpg

やはりこのシーズン、テン場は一杯です。

少し遅く着くと張る場所もままなりません。

北アルプスでは、早発ち早着きが基本

午後は夕立も多いので気を付けましょう


c0193259_23522086.jpg

ここまでは携帯の電波も通じますので、

用事は済ませておきます


この日の夜は荒れた天気

薬師峠のキャンプ場も川のようになり

テントの下も水が流れてウォーターベッドのよう

翌日の天気が回復することを祈って床に着きます。


コースタイム 折立8:25~太郎平12:15~薬師峠テント場12:30


c0193259_11445462.jpg



【2日目】

降ったり曇ったりであいにくの天気


c0193259_23560295.jpg

c0193259_23562413.jpg

ほぼ下りである薬師沢小屋までは曇り空でしたが、

登りとなる雲の平まで雨が続きました。


c0193259_23565715.jpg

以前来たときとは印象がガラリと変わり

辛い登りでした。

足元が泥濘滑りやすく歩きにくい。

コースタイム的にもガイドブックのタイム並みに遅く

体力低下を痛感

この時点で無理せず刻む行程に変更し、

雲の平で一泊としました。


c0193259_23574715.jpg

c0193259_23580837.jpg

c0193259_23581602.jpg

小屋に着く頃には雨も上がり、

天候回復の兆しが。

小屋からキャンプ場までは約20分。

ここのキャンプ場もやはり昼すぎには満員

皆さん場所確保に苦慮している様子

この夜は雨の心配は無さそうです


c0193259_23591785.jpg

c0193259_23594473.jpg

c0193259_23595153.jpg

2日目コースタイム 薬師峠5:34~太郎平小屋5:43~薬師沢小屋8:01~雲ノ平山荘11:10(休)~テント場13:00


c0193259_11453452.jpg


【3日目】

朝の天気は晴れ

久しぶりのお日様です。


c0193259_00012039.jpg

遠くの山もきれいに望めます。


c0193259_00013144.jpg

雨の前日と比べ視界が広がった雲ノ平を望む


c0193259_00030401.jpg

c0193259_00062687.jpg

今日は高天原までの予定

ここだけはキャンプ場が無いので小屋泊となります。

とは言うものの背中に背負った荷物はテン泊装備

なかなか負荷具合です。

天気は回復し昨日は見られなかった

雲の平の美しい景色、薬師から黒部五郎岳、水晶岳と

ぐるり360度の山々が展望できました。

この景色を見られただけできて良かったと実感。

c0193259_00071726.jpg


高天原峠までのルートは半分以上樹林帯の中を歩く

雨上がりの登山道は泥濘るんで歩きにくい

当然、靴も泥々。早く着いて一風呂浴びたい


c0193259_00073867.jpg

ようやく小屋に到着

前日の宿泊状況は凄かったらしいが今日はどうだろう?

予想としては布団2枚に3人位になりそうとのこと。

テン泊専門の人間にはいつまでも人の多さが馴れません。

c0193259_00075618.jpg

高天原には温泉があり疲れを癒すには最高。


c0193259_00083978.jpg

c0193259_00091952.jpg


温泉までは徒歩20分ほど

一般登山者は300円、宿泊者は無料となってます。

川を挟んで手前が混浴、対岸には囲われた女性用と男性用風呂

混浴の方は滅茶苦茶熱目、対岸の方はぬるめでした。

川は水が冷たくて小屋で買ってきたビールやジュースを

冷やすにはもってこい

私が来た時点では人も少なく

のんびりと入浴を楽しんで帰りました。

小屋の夕飯は4回戦

時間毎に入れ替わり制です

小さな小屋なので小屋の人も大変そう


3日目コースタイム 雲ノ平テント場6:30~高天原山荘9:40


c0193259_11472303.jpg



4日目】

今日は高天原~岩苔乗越~三俣山荘へ向かうが、

途中、水晶岳に登ります

そして黒部源流を巡って山荘へ


c0193259_00134165.jpg
c0193259_00141052.jpg

水晶岳は今まで登った事がなくかねてより登りたい山の一つでした。

今回の山行はピークを目指す目的ものではないですが、

ここまで来て登らないのも勿体ないとの事で

行ってきました。


c0193259_00144321.jpg

ここまでの登りの連続で足には相当きていたのですが

やはり山頂に立つと達成感一杯です。

c0193259_00151638.jpg

c0193259_00180950.jpg

c0193259_00160651.jpg

山頂で軽いご飯を食べ、次の目的地へ急ぎます。

時間が遅くなればテント設営場所確保が難しくなりそう

鷲羽岳山頂経由ではなく、ワリモ北分岐から黒部源流方面に回りますが、

これがまた思った以上の下りと登り返しです。


c0193259_00184564.jpg
黒部源流標

c0193259_00190137.jpg

この日は天気が良く、陽射しが厳しい

お陰で相当肌焼けしてしまいました

ちょうどこの周辺は富山、長野、岐阜県の県境であり

黒部の源流を見るにつけ最奥部へ来たと言う気がします。

三俣山荘のテント場で設営し

明日の下山計画を練る

本来なら双六まで行く予定でしたが、

テン泊装備担いでの高天原~水晶岳~黒部源流~三俣

は足にかなりダメージが来た。

今日は無理せずここで体を休ませることとする。

c0193259_00204022.jpg

c0193259_00204803.jpg
4日目コースタイム 高天原5:50~岩苔乗越~ワリモ北分岐8:47~水晶小屋9:16~水晶岳10:00~ワリモ北分岐11:09
~黒部源流12:19~三俣山荘テント場13:36

c0193259_11475226.jpg

【5日目】

最終日は早立ち

朝の4時に出発します。

この朝も小雨模様

2時起床で食事を済ましテントを畳む

後は一気に新穂高へ


c0193259_00215268.jpg

c0193259_00220271.jpg

c0193259_00224919.jpg


ほぼノンストップ

新穂高へ着いたのは11時前

いつものように中崎山荘で入浴

この日はここも超満員で順番待ちができてました。


5日目コースタイム 三俣4:00~双六小屋6:13~弓折乗越7:12~鏡平7:58~わさび平10:00~新穂高10:40


c0193259_11481144.jpg

c0193259_11482237.jpg
c0193259_11483477.jpg


[PR]
# by hiro9332 | 2017-08-19 00:46 | 山登り | Comments(0)

お伊勢さん

お伊勢に出かけてきました。
実を言うと初めて伊勢市へ訪れたんです。

ここの所、ストレスを感じることがあり
嫁と一緒にちょいお出かけです。

今回はJR東海ツアーズのお得きっぷを使ってみました。
「快速みえ」指定席+バスフリー券付きで6,800円5,800円でした。
(おかげ横丁での食べ歩きクーポンと施設割引券付き)

朝一番に名古屋から鳥羽へ向かいます。
鳥羽で今回のプランに含まれている三重交通の「CANばす」というバス
のフリー切符をゲット。
ちなみに鳥羽~夫婦岩~内宮~外宮で
十分元が取れました。


c0193259_05582969.jpg


お昼は伊勢内宮前おはらい町通り
「すし久」の手こね寿司をいただきました
c0193259_05575547.jpg
地ビール各種
帰路の車内でほっと一息
一日で結構周れるものですね。
これからもちょい旅してみたいです。
c0193259_05574871.jpg


[PR]
# by hiro9332 | 2017-06-12 11:30 | 名古屋日記 | Comments(0)

大阪出張中

本日は大阪出張。
終わった後の飲みが楽しい
あーつくづく社畜かな‼
でも楽しい仕事かな
c0193259_18414088.jpg


呑んだら我が家に帰ろう
[PR]
# by hiro9332 | 2017-06-06 18:37 | Comments(0)

あずきな

久しぶりに実家帰省。
友人知人と会うこともなく、
のんびり過ごしました。

ご近所を散歩中に見つけた旬のご馳走。
昔はよく摘みに行ったものです。
天ぷらがおいしいです。
c0193259_09023832.jpg


[PR]
# by hiro9332 | 2017-05-06 09:02 | 飛騨 | Comments(0)